環境に配慮したテイクアウト容器がある所

2019年に大阪で開催されたG20で、先進国は今後50年間の間でプラスチック製品ゴミを約60%の容量で減らしていくという大阪宣言がなされました。

これに伴い、飲食店ではプラスチック製ストローの使用を禁止し、テイクアウト容器も今後は紙製となっていきます

弁当店やテイクアウト料理を主軸としている飲食店では、新たに紙製のテイクアウト容器を購入しなくてはいけません。

どこで入手できるのかわからないとお悩みの方には、通販ショップの「フードーム」のご利用をおすすめします。

この通販ショップでは、既存のプラスチック製から環境に配慮した紙製テイクアウト容器まで豊富な品数で取り揃えられているのが魅力です。

紙製容器でイメージするものといえばBOXタイプのものでしょう。

「フードーム」では、このBOXタイプに加えて重箱・中身が見える窓付きランチボックスも取り扱っています。

重箱タイプであれば幕ノ内弁当やかつ丼・うな重といった和食弁当を詰めるのに利用でき、ランチボックスであればサンドイッチ・ホットドッグなど洋食を詰めることができます。

紙製といってもラミネート加工がなされているので、温かい食べ物を入れたとしても容器が破れてしまう心配もありません。

100%紙で作られていてエコロジーな容器であり、さらに単価もお安いのでまとめ買いをするのにも最適です。

「フードーム」は個人販売にも対応しているので、一般家庭の弁当箱として使うことも可能です。